ウェイト・パークに住むライターが解説する交通事故対処法
Show MenuHide Menu

交通事故の原因を考える

交通事故の原因

交通事故の原因は、整備不良や過失、故意など殆どの原因はこれに当てはまります。

車なら車検や法定点検はもちろんですが、運行前の点検や整備を怠ると思わぬ事故に遭遇します。特にブレーキシステムやタイヤの空気圧などのチェックや調整は、リスクを避ける上でも大事な事になります。特に高速道路でのバッテリー上がりやタイヤのバーストにより直接交通事故に遭遇しなくても二次的被害があるので注意します。
過失は、脇見運転や携帯電話の操作などで起こる、ながら運転で事故を引き起こす事があります。高速で走る車に対しての脇見運転は、ほんの一瞬でもかなりの距離が進み思わぬ事故に遭遇します。また、自分の運転技術に過信しスピード超過での事故や、疲れや薬剤によって運転に集中できずに事故を起す事もあります。特に心疾患などの持病がある方が運転中に発作けいれんを起し、意識不明になって追突したりします。

交通量の少ない道路でも気を抜いて運転すると、人の飛び出しなどで事故を起したり、オーディオのボリュームが大きい理由で危険察知ができない場合もあります。車が走っている以上は、イレギュラーな事は発生するので、常にリスク管理をしなければなりません。昔と比較すると飲酒運転は減りましたが、それでも尚飲酒運転が原因で引き起こす事故はあります。現在は飲酒した本人以外の周囲の人も罰せられており、厳格な法体制が整備されています。

故意に交通事故を引き起こす人は滅多にいませんが、免許を取得していない人が運転する事が故意に当たります。つまり無免許運転になりますが、全体的な件数は少ないものの無免許運転をしている人は後を絶ちません。更に飲酒運転は故意と過失両方に該当しますが、この他に最近では危険ドラックによる交通事故が増えています。薬剤による影響で行動不能になったり、気絶を引き起こし歩行者の列に突っ込むなどの事故があります。また、てんかんによる事故もあり法律によって制限もありますが、療養中以外の人にも新たにてんかん発作が起きる事もあります。

交通事故被害に遭ったら弁護士相談へ

また、交通事故を起した時は、軽い事故でも自分で対応せずに警察への連絡することが大事です。また、被害にあったら弁護士と相談する事が大切です。弁護士は加害者でも被害者でも依頼することができますが、被害者の場合は特に、保険会社が提示する慰謝料が不十分なことが多いため、素人では解決する事はできません。

また、車両同士の事故の場合の過失割合などは、一般的に保険業者同士が解決しますが中には不当な保険業者もいるため、思わぬ所で損失が出るケースもあります。弁護士は法律のプロで色々な角度から事故の原因追求を行い、依頼者にとって有利に物事を進めてくれます。仮に怪我などによる入院期間中も代理申請など弁護士には可能なので、依頼者のメリットは高くでます。

交通事故には防げる事故もあります、先に述べた様に車両の点検や整備、雨の日や雪の日などの悪天候の際の運転方法など未然に防げる事は多くあります。予め事故を引き起こすリスクを減らし注意力を上げる事が大事になります。