ウェイト・パークに住むライターが解説する交通事故対処法
Show MenuHide Menu

交通事故の治療は保険で

2017年5月18日

交通事故にあってしまった場合、数日間はとても気をつけなければなりません。なぜなら当初は痛みもなくまったく怪我をした様子がなかったとしても、後日突然痛みが出てくる可能性があるからです。
事故の瞬間というのは身体に力が入って緊張状態であったり、気持ち的にも興奮状態になっていることが多いので身体の不調に気がつかないことがあります。それが緊張状態が溶けてホッとした時に痛みとなって出てくることがあるのです。
ですから交通事故にあってしまった時は数日間は様子を見るようにしましょう。そして保険会社などとの示談も急がずに余裕を持って行うようにします。
その場で怪我をしてしまったのであれば、すぐに病院に行って治療を受けるようにしましょう。交通事故の治療に関しては、病院に事故での怪我だということを伝えておくことが大切です。
交通事故での治療の場合は、自賠責保険や任意の自動車保険から治療費を補償してもらえる場合があります。保険を利用するためには手続きなどが必要になりますので必ず伝えておくようにしましょう。また早めに保険会社に連絡をして補償の適用条件や手続きの方法、必要な書類などについても確認しておくようにします。
後になってから身体の痛みや不調が出てきた場合には、病院に行く前に一度保険会社に連絡しておくと余計なトラブルを防ぐことができます。病院に行く前に保険会社に連絡をして、痛みや不調が出てきたこと、病院へ行きたいといったことを伝えて保険が適用されるのかどうかを確認しましょう。交通事故の過失割合によっては、自分の保険会社だけでなく相手方との兼ね合いもありますので事前に連絡しておくことが大切になるのです。
また自分が歩行者で相手が自動車であった場合など、自分の保険会社がなく相手の保険会社と直接交渉しなければならない時は特に事前に連絡しておくことが大切になります。
また治療に関してトラブルになりそうな時には、弁護士などに交渉をまかせてしまうという方法もあります。保険会社としてもどこまで補償するのかなど費用に関してトラブルになるケースがあります。
怪我をしている状態で自分で保険会社と交渉するのは精神的にも大変になってしまうので、専門家に任せてしまうのも一つの方法だといえるでしょう。
自動車保険のプランによっては、弁護士の費用に関する特約があるのでそういったものも利用していくとしっかりとサポートしてもらうことができます。