交通事故で負った怪我が症状固定になると診断されるタイミング

症状固定

症状固定とは

症状固定とは、一般的には医学上認定されている治療を施したとしても、治療効果を得ることが期待できない状態で、なおかつ、残っている症状が自然な経過により到達したものと認定された状態のことを指します。交通事故で怪我を負ってしまい治療を受け続けてきたけれど、大幅に症状が回復したり改善したりする兆しがない場合が医学的な意味合いで症状が固定したと言うことになるのです。

医学的に投薬やリハビリテーションを施しても大幅に症状は改善されない場合は、それ以上治療に対して費用をかけても意味がありません。そのため、そういった症状に至ったときには治療期間が完了したものとして取り扱い、残っている症状に関しては後遺障害として異なる補償対象として、早めの問題解決を図るというのが損害賠償金の金額を決める示談交渉においての通例となっています。

お医者さんから交通事故で負った怪我が後遺障害として残ると診断されるまでは怪我を負った部分のことを傷害部分と言い、傷害部分があると治療費の実費や入通院慰謝料、休業損害などを加害者が任意で加入している自動車保険会社などに請求することが可能です。

お医者さんから後遺障害であるを診断されて等級が認定されたら傷害部分が後遺障害部分になり後遺障害慰謝料や逸失利益を請求することが可能ですが、その一方で治療費の実費や休業損害を請求出来なくなってしまいます。

交通事故で負った怪我が症状固定されたかどうかは原則として、お医者さんが判断することになるのです。もちろん、お医者さんの意見で全てが決まってしまう訳ではないのですが、実際に怪我を診察している、お医者さんの意見は尊重されることになります。稀に自動車保険会社の顧問医師が意見を述べることがあるのですが、実際に怪我を診察したお医者さんの意見の方が説得力があるのです。

よくトラブルに発展するケース

よくトラブルに発展するのが、交通事故で怪我を負い治療を受けている期間中に、加害者が加入する自動車保険会社の示談交渉を担当する専任スタッフから症状固定に至ったと見なすこと促されることがあり、簡単に承諾してしまって、怪我の治療に必要な補償を受けられなってしまうといったものになります。トラブルを防止するためにも承諾する前に実際に診察を受けている、お医者さんに現時点で負った怪我が後遺障害と見なして良いのか判断を仰ぐと妥当な判断をすることが可能です。

自分が通院している病院の、お医者さんが交通事故で負った怪我が後遺症として残ると診断したときには、その診断を受け入れるかどうか選ぶ必要があります。その診断を受け入れて治療を済ませて損害賠償金の金額を決める示談交渉や社会復帰に専念するという方法もありますし、診断を受け入れつつも健康保険を適用して治療は続けるといった方法を選べるのです。

また、お医者さんがこれ以上症状が回復する見込みがないという診断に納得がいかないといった場合は別の病院の、お医者さんによるセカンドオピニオンを受診して、怪我の症状が後遺障害であるという診断が妥当かどうかを判断してもらうという方法もあります。

セカンドオピニオンを受けるときには、初めに診察してもらったお医者さんの診断結果が正しかったという場合もあるため、セカンドオピニオンを受けた後の、お医者さん関係性に注意することが必要です。

もちろん交通事故に遭った当初に負った怪我の状況に応じて違ってきますが、後遺症が残ってしまうような場合は6ヶ月以上を治療期間が経過してから症状固定になるというのが一般的とされています。しかし被害者の怪我の症状の具合によっても違ってきますし、症状の回復具合は人によって差があるため6ヶ月未満の治療期間で症状固定に至る場合があったり数年以上かかる場合もあるのです。”