ウェイト・パークに住むライターが解説する交通事故対処法
Show MenuHide Menu

トラック事故の被害者になったとき

2017年5月18日

普通にくらしていても、交通事故に遭ってしまうことがあります。それもトラック事故の被害者になってしまう場合、状況はかなり深刻になってしまうケースは多いです。まずは怪我です。自分が車に乗っていたとしても、衝突の衝撃はとても大きいものです。鞭打ちだけでなくもっと深刻な怪我を負うこともあります。まずはどのような対処をしていったらいいのでしょうか?一番はじめにやるべきことは警察を呼ぶということです。また怪我をしたというときには、すみやかに救急車も呼んで治療をうける必要があります。救急車で運ばれた場合は、自動的に医師の診察をうけて治療になるので、そのまま治療ということになりますが、そこまでではないというときにも、注意が必要です。それは医師のいる病院で治療をうけるということです。ときどきずっとなじみにしている接骨院があるからとか、鍼や灸で治すという人もいますが、この治療方法では正式な医療費とみなされないことがあるのです。まずは、医師のいる病院での治療を目指すことが必要です。治療と併行して加害者側の保険会社から、治療がどうなっているのかなど、いろいろ言われることがあると思いますが、毅然として対処することが望ましいです。ただ事故によって怪我をして治療をしても、一生そのまま治療ができるということではないです。ある程度の期間治療をしてもここから先は治らないということもあります。それが後遺症です。この後遺症がのこったという診断も医師によってされるのです。それが後遺症診断でそれによって、症状固定というのがなされます。この診断をもとに、保険会社が後遺症の等級というものをきめていって。慰謝料や賠償金というものがきめられていきます。ただ、これは絶対に従わなくてはいけないというものではありません。自分にはまったく非がないのに、重大な障害が残って納得できないということでしたら、泣き寝入りをすることなく、弁護士に相談をするという方法もあります。弁護士は事故の状況をこまかく調べていって、相手方の保険会社と交渉をしてくれるのです。
ただしこれには条件があります。それは適切に警察に届け出て、事故証明がされているとか、適切に治療がある、医師の診断がされているということが必要です。きちんと治療をしたり事故の証拠をもっているということで、正しく交渉ができるようになっています。素人ではわからないことでも弁護士に依頼することで、満足できる解決に近づく可能性は広がります。